政治にレモンを少々  Want to talk about politics

政治を語りたい女のブログです。

完璧主義な政治家はいらない

聖者のようなものを政治家に求める人々。無理である。

だれだって消し去りたい過去がある。

 

具体策を示して、国民に不人気であっても、政策を実行する。それだけである。

 

それなのに、週刊誌報道で、決めつけ、政治家の首が入れ替わる。民主国家としてどうだろうか。

正当に選挙に当選さえしていれば、十分だと思うのだが。

電力不足

東京電力では、本日、電力不足を受け、節電を要請している。

でもこの猛暑である。できる限り、照明のオフに努めるが、エアコンは手放せない。

 

夕方の徹底的な節電は、太陽光発電の発電が、夕方に減るためだ。

やはり原子力発電は必要だ。

 

あわせて揚水発電の容量を増やしていくべきだ

対人地雷の廃止を

全面的な対人地雷の廃止をしたい。今なお、地雷は残されており、世界では多くの被害がある。

 

米国大統領も、朝鮮半島をのぞいては、対人地雷を廃止すると掲げている。

とはいえ、緊張の続く朝鮮半島では、地雷に頼るしかないのだろう。

 

でも、地雷なき世界に一歩一歩あゆみを進めてほしい